AVRライターについて 備忘録

いつのまにかこんなに作っていたなんて
AVRISPmkUとAVRWRTは製品(完成品)です
ライター名製作元など(敬称略)備考
AVRISPmkUアトメル純正秋月電子で税込み3200円
AVRWRT共立電子オリジナル 2100円
AVRWRT3が出ている
HIDaspx千秋ゼミ&その他ATtiny2313で作る
パラレルAVRライターブレッドボードラジオ一番単純
FTDI BitBang AVR−WriterKimio KosakaFT232RL使用
AVRライター78k0でんし研トランジスタラジオ付録の78k0が必要
共立ライターAVRISPでんし研 共立電子のAVRWRT2が必要
ソフト以外同じなので写真も同じ
PICerFTe電子工房FT232RL使用

ライター名 動作確認ソフト
AVRISPmkU 少々のミスでは壊れないし古いAVRを除いてほぼすべてに対応しているのですばらしい
いつも使っている部分に不満はないが、初めてのところで英語が理解できないとそこでストップ
AVR-studio4
BASCOM-AVR
AVRDUDE
AVRWRT 日本語対応で一番使いやすい、値段も製品版としては安いのだが
配線ミスなどで壊れやすい、今までに3個壊した。
専用ソフト
BASCOM-AVRや
AVR-Studioからも
呼出せる
HIDaspx 上記2品の予備として一番の候補であるが現在はまだ出番がない
性能は結構良さそう
hidspx
AVRDUDE
パラレルAVRライター プリンタポートを使う、コネクター、抵抗、配線だけで出来る
一度テストで書き込みをしたが今後も使うことはまずない
BASCOM-AVR
FTDI BitBang AVR−Writer秋月電子で売られているAE−UM232Rに配線少々とピンソケットがあれば出来る AVRDUDE
AVR-Studioからも
呼出せる
AVRライター78k0 トランジスタラジオ2008年8月の付録78K0で作る、
ユニバーサル基板とピンソケット+配線少々で出来る
書き込みプログラムはSTK500として使用可能
BASCOM-AVR
AVR-Studio
AVRDUDE
共立ライターAVRISP 壊れた共立ライターで作れるのでATtiny2313の100円だけで出来るのがいい
書き込みプログラムはSTK500として使用可能
BASCOM-AVR
AVR-Studio
PICerFT 同じソフトでPICにも書き込みできるがヒューズビットやロックビットの対応がない(対応されていました)
パソコンの性能が良くないと重たいらしいが最近のPCは性能が良いので問題なし
専用ソフト

     私 的 結 論       常時使うのはAVRISPmkU
ヒューズビットやロックビットその他わからなくなったときに使うのがAVRWRT2
AVRWRT2はいつ壊れるかわからないのでその予備としてHIDaspx
その他の物はよほどの事がなければ使わないと思われる。

ち ょ っ と した アクシデント

相変わらずなので自分でも
呆れてしまう
壊れるはずのない?AVRISPmkUなのだが、新しく買ってきたAVR(ATmega168P)の読み書きが出来なくなった。
ヒューズビットを読み出しても毎回数値が変わる。
AVRWRTでは問題なく読み書きできるからAVRは壊れていないので、てっきりAVRISPmkUを壊してしまったと思っていた。

FTDI BitBangライターを弄っていた時ヒューズビットを書き換えて高速動作させたら高速書き込みが出来ると・・・

と言うオチ AVRISPmkUの接続設定を高速にしすぎていたのでした。

inserted by FC2 system